Homeブログ » 効率的なビタミン摂取で風邪予防!

効率的なビタミン摂取で風邪予防!

 

 

  みなさんは、日ごろ野菜や果物を食べていますか?

  普段の食生活と風邪のひきやすさは強く関係しています。  

 

 

ビタミンAやビタミンCをしっかり摂取して、風邪を予防しましょう。

 

 

●ビタミンAの役割は?

ビタミンAは粘膜の形成に欠かせないビタミンで、体内へのウイルスの侵入を防いでくれます。

不足することで、鼻や喉の粘膜が乾燥し風邪のウイルスが進入しやすくなります

目や肌の乾燥にも関係があるので、PCを使う機会が多い人や、女性もたくさん摂りたいところです。ですが、ビタミンAには過剰摂取の危険もあります。

ビタミン剤や栄養補助食品などで取りすぎないように注意して下さい。

ほどよく摂取するにはβカロテンがオススメ。

 

 

●なぜβカロテンがオススメ?

βカロテンとは、体内で必要に応じて、ビタミンAに変化するビタミンです。

身体に必要な量だけがビタミンAに変化するので、過剰摂取の心配がありません。

 

 

βカロテン緑黄色野菜で!

βカロテンは、ニンジンカボチャといった緑黄色野菜に多く含まれます。

他には、ほうれん草ブロッコリー小松菜ニラチンゲンサイなどがあります。

旬の野菜にもβカロテンが含まれるものはたくさんあります。

風邪の季節には、こういった緑の濃い野菜をたくさん食べましょう!

 

 

 

 

●効率よく吸収するには?

油と一緒に摂ると効果的です!

ビタミンA(βカロテン)は油に溶けやすい性質をもっているので、油に溶けた状態のほうが、体内での吸収率がアップします。

生で食べるより、少しの油で炒めたり、ドレッシングをかけて食べる方が効率的です。

 

 

●ビタミンCの役割は?

ビタミンCにはウイルスに対する抵抗力を高める働きがあります

ビタミンAで粘膜を強く、ビタミンCで抵抗力を高め、二重の防壁を作りましょう。

その他にも色々な栄養素をサポートする機能を持っています。色々な栄養素と一緒にビタミンCを摂取しましょう。

 

 

●ビタミンCと一緒に摂りたい栄養素

コラーゲン:肌の成分であるコラーゲンの生成をサポートします。健康的な美肌を目指しましょう。

:血液の成分の鉄の吸収もサポートしてくれます。貧血気味の方は積極的に摂取してください。

ビタミンE:ストレスによってできる活性酸素を抑制してくれるビタミンEをサポート。ストレスの多い現代において、特に摂取したいところです。

 

 

ビタミンCで注意したい事

ビタミンCは溶けやすく壊れやすい性質があります。加熱に弱く、水で流れ出てしまいます。調理の必要がない果物が一番吸収の効率は良いようです。

ミカンイチゴキウイなどがオススメです。

早めの対策で、風邪知らずの冬にしましょう!     

 

 

秋葉原・医事科

 

 

ブログ一覧へ