Homeブログ » 睡眠について

睡眠について

 

皆さん、こんにちは。

睡眠時無呼吸症候群という言葉は聞いたことありますか??

今回は、人の人生うち1/3をしめると言われている睡眠についてお話したいと思います。

 

sleep04

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

Sleep Apnea Syndrome の頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、

無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上若しくは、1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と言われています。

 

原因として・・・・

・太っていてあごや首に脂肪がついている
・アデノイドなどの病気により、扁桃が肥大している
・花粉症やアレルギーなどで、鼻が詰まりやすい
・アゴが小さい
・アルコールの摂取により筋肉がゆるんで、のどがふさがりやすくなる

 

主な症状・・・・

 ・いびきをかく ・日中の強い眠気 ・倦怠感 ・頭重感 ・何度もトイレに起きる
 ・寝汗をかく、寝相が悪い ・集中力、記憶力の低下

 

治療方法・・・・

 CPAPの装置の使用  ・マウスピースの装着  ・外科手術

sleep01    sleep02

 

睡眠時無呼吸症候群の方は寝汗をかきます。

また口呼吸をするため、起床時に口内はカラカラに乾燥してしまいます。

その結果、起床時に疲労感があります。

さらに、頻回に覚醒反応が起こると睡眠障害となるため、

起床時の頭重感、日中の眠気などが出てきます。

 

このような睡眠中の呼吸障害が長期にわたり、

無呼吸によるストレスのために交感神経緊張状態が長く続くと、

高血圧や心疾患を合併する危険性が高くなります。

 

何か気になる症状がある方は、一度調べてみてはいかかでしょうか??

 

看護科

 

 

 

ブログ一覧へ