Homeブログ » 乳がん検診

乳がん検診

 

「乳がん検診で、マンモグラフィと超音波検査どちらを受けたらいいですか?」

と、受診者の方から質問を受けることがあります。

 

よくある質問Q19をご覧下さい。

 

 

 <2つの検査の特徴> 

 

 マンモグラフィ    

・しこり、石灰化を見つけることができる

・40歳以上の乳がんの早期発見が得意

・乳腺が発達している若い世代の乳がんが見つけにくい

 超音波検査 

・小さなしこりを見つけることができる

・乳腺の発達している若い世代でもしこりが発見しやすい

・被ばくが無いので妊娠中でも受けられる

 

 

検診の目的は、早期発見と適切な治療によるがん死亡者の減少です

対象は健康(症状の出ていない)な人です

 

 

以下のリンク先もご覧下さい。

乳がん検診を受ける時参考にしていただければと思います。

 

国立がん研究センター がん検診について

http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/about_scr.html

 

国立がん研究センター 乳がん検診の勧め

http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/breast_cancer.html

 

日本医師会 乳がん検診 Q&A

https://www.med.or.jp/forest/gankenshin/type/breast/qa/

 

 

 

臨床検査科

 

 

 

ブログ一覧へ