Home » 胃内視鏡検査を受診される方へ

健康診断受診にあたっての注意事項

胃内視鏡検査を受診される方へ

<ご受診にあたっての主な注意事項>

ご受診にあたってのチェックリスト…当日チェックしてご確認下さい。

 

1 検査前日の夕食は午後9時までにすませてください。

 

2 検査当日は、飲食(牛乳、ジュース、お茶等も)しないでください。水のみは構いません。
  降圧剤服用の方は、起床後少量の水で服用しご来院ください。

 

 3 脳梗塞、心疾患予防のため抗凝固剤等(血液をさらさらにする薬)をあらかじめ検査前に休薬していただく事があります。(下記ご参照ください)

 ※必ず主治医へご相談いただき、自己判断での休薬はやめてください。

 

胃内視鏡検査

 ※心臓・脳血管障害の薬には、抗血小板剤など出血の止まりにくくなるものがあります。
  検査を安全に行うため、医師の指示に従い検査前より一定期間中止してください。
 ※上記以外の薬を服用されている方も主治医にご相談ください。

 

4 当院では経口の内視鏡検査を施行しております。(経鼻内視鏡は行っておりません)
  点滴での全身麻酔等、眠った状態での検査は行っておりません。

 

 5 当日、喉へ麻酔をしますので、検査終了後1時間位は食事しないでください。
  ポリープ等の細胞組織検査を行った場合は、数日は刺激のある食事や飲み物(コーヒーやアルコール類)は避けてください。

 

 6 検査にてポリープ等が見つかった場合、採取して組織の生検検査(保険診療)を行いますので別途費用(5千円前後)がかかります。
  生検検査の結果は約2週間後にご来院いただき、医師より結果説明がございます。

  ※生検検査は「がん」の診断に欠かせない検査ですので、当院では安全に充分配慮するとともに、検査を受けられる方へ事前説明と同意のもとに実施しております。

 

7 以前、感染症(B型・C型肝炎・梅毒等)検査を受けたことがある方、既往のある方は結果をご持参下さい。