Home » 女性健診 友好会の女性健診

女性健診

友好会では、女性に優しい健診をめざし、婦人科項目は女性医師や女性スタッフが診察や検査を行ったり、配慮をしています。

 

イメージ

友好会の女性健診

女性スタッフだからきめ細かい配慮
待ち時間に体を冷やさないようにブランケットを用意したり、各所に女性ならではの配慮を心がけています。

 

 

イメージ

各種女性健診の設備を導入
触診ではわからない小さなしこりなどを見つけるマンモグラフィや超音波装置を導入して、なるべく早期発見、早期治療をめざしています。

 

 

乳がん健診

乳がんを早期発見するには、毎日の自己健診に加えて「マンモグラフィ」などの画像検査を取り入れた『乳がん健診』を定期的に受けることが大切です。

 

早期乳がんの発見に適したマンモグラフィ

マンモグラフィ

マンモグラフィとは、乳房専用のX線撮影のことをいいます。 マンモグラフィは、視触診では診断できない小さなしこりや石灰化を発見するのに適した検査で、乳がんの早期発見に欠かす事のできない検査と言えます。ただし、マンモグラフィは乳腺の密な方の場合は、X線写真上で重なり合いしこりを見つけることが難しいことがあります。X線撮影になりますので、妊娠している方には当院では実施しておりません。 当院では、マンモグラフィ健診精度管理中央委員会の認定を受けている装置で撮影を行っています。

検査メニューを見る

 

 

 

乳腺の密な方の判断に役立つ超音波検査

超音波検査装置

超音波検査は、乳房に超音波をあて、組織からの反射をとらえて画像にし、わずかな濃度の違いで病巣を診断するものです。 マンモグラフィに比べて、石灰化の診断が困難ですが、しこりの内部構造の鑑別がしやすく、乳腺の密な方の診断に役立ちます。

検査メニューを見る

 

 

 

婦人科健診

内診・細胞診(膣部/頸部)

一般に子宮がん健診といわれている検査で、子宮頸がんの早期発見を目的とした検査です。性交経験がある方なら誰でも発症の可能性があります。子宮膣~頸部を綿棒・専用ブラシでこすって細胞を取り、顕微鏡でしらべます。結果がでるまで2週間程度かかります。
検査後は細胞をこすってとった影響で極少量の出血が出ることもありますが心配はいりません。入浴も通常通り行えます。
40歳以降で不正出血のある方は子宮体がんの可能性も否定できないため子宮体がん検査を併せて行うとよいでしょう。
子宮の奥を細いブラシでこすって細胞を採り、顕微鏡でしらべます。検査には多少の痛みと出血を伴います。子宮体がん検査後は当日の入浴は避け、軽くシャワーをする程度にしておいてください。子宮体がんはホルモンとの関係が大きく更年期以降に増加が見られます。ほとんどは月経とは無関係に少量の出血が長く続いたり、おりものの変化(褐色~血性)などがみられるためこのような症状がある場合は、健診の際に受診されることをおすすめします。

検査メニューを見る

 

 

経膣超音波検査

内診だけでは気付きにくい卵巣がんの早期発見に役立ちます。
健康診断では基本項目として入っていないことが多いため併せて実施していただくことをおすすめします。
卵巣がんだけではなく、子宮筋腫、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍などの発見にも有効的です。痛みもほとんどなく検査時間も5分程度です。結果は画像写真をみていただきながら医師より説明いたしております。

検査メニューを見る

 

 

HPV-DNA検査

HPV-DNA検査により精度の高い子宮頸がん健診をしましょう。子宮頸がんの原因となるウイルス(ヒトパピローマウイルス「HPV」)は性交渉によって感染し、性交渉経験がある女性のほとんど(約8割)が感染したことがあるものです。しかし、感染しても90%以上は自己の免疫力によって自然に消えますが、希に感染が長期化(約10年)した場合(持続感染)、前がん病変を経て子宮頸がんになる可能性があります。
子宮頸がんの原因は高リスク型HPVに感染した場合で、HPV-DNA検査によって中~高リスク型のHPVを検出します。
「細胞診」と「HPV検査」を併用することにより、中等度異形成以上の病変発見率が飛躍的に向上します。

検査メニューを見る

 

 

 

【予約受付・お問い合わせ】
医療法人社団友好会 メディカルクリニック
総合インフォメーション TEL 03-3280-5877
平日 9:00〜16:30 / 土曜日 9:00〜12:30 / 休:日・祝日

インターネットからのご予約
秋葉原メディカルクリニック | 目黒メディカルクリニック