Home » 特定保健指導について

特定保健指導について

特定健診機関・特定保健指導機関データベースは以下から閲覧できます。

特定健診: 目 黒 秋葉原 秋葉原(アネックス)

保健指導:

目 黒 秋葉原 秋葉原(アネックス)

 

 

 

 

特定健康診査機関・特定保健指導機関データベース
 https://kenshin-db.niph.go.jp/kenshin/

 

 

特定保健指導とは?

メタボリックシンドロームに着目した保健指導で、40~74歳の人を対象とした、平成20年度から始まった制度です。
メタボリックシンドロームとその予備群の生活習慣の改善支援を目的としています。
健診の結果に基づいて階層化され、対象の方にはリスクの程度にあわせた保健指導を行います。

 

 

 

階層化の基準

健診・保健指導の流れ<図解>

 

 

特定保健指導の内容

<保健指導対象外の方>
今後も定期的に健診をお受けいただき、健康にご留意ください。


<動機づけ支援>
 個別面談を実施し、ライフスタイルに合った目標を設定し行動できるように支援します。

【動機づけ支援】初回面談(身長・体重・腹囲・血圧の測定を行い、個別面談で生活習慣を振り返り行動目標の設定と達成に向けた具体的な支援を行います。所要時間約1時間程度)→初回面談から6ヶ月後に面談・メール・電話で行動目標の達成状況など最終確認を行います。

 


生活習慣の改善の必要性が高い方

<積極的支援>
 個別面談を実施し、ライフスタイルに合った目標を設定します。管理栄養士などの専門家が面談、Eメール、電話などで6ヶ月の継続的な支援をします。

【積極的支援】初回面談(身長・体重・腹囲・血圧の測定、ご希望の方はCTによる内臓脂肪量の測定を行い、個別面談で生活習慣を振り返り、行動目標の設定と達成に向けた具体的な支援を行います。所要時間約1時間程度)→6カ月間の支援期間中に随時メール・電話・面談で行動目標の状況確認と、継続のためのサポートを行います。→初回面談から6ヶ月後に面談・メール・電話で行動目標の達成状況など最終確認を行います。

 

 

メタボリックシンドロームを放っておくと?

メタボリックシンドロームは内臓脂肪の蓄積による肥満に加え、「高血圧」「脂質異常症」「高血糖」といった動脈硬化の危険因子を併せ持った状態です。自覚症状がないからといって放っておくと動脈硬化が進み、「心筋梗塞」「脳梗塞」など生命にかかわる病気になったり、それらの後遺症で不自由な生活を強いられる危険性が高くなります。
内臓脂肪を減らすことで検査数値の改善につながり、心筋梗塞や脳梗塞の危険性を下げることが出来ます。

 

リスク<図解>

 

 

メタボリックシンドローム改善・予防に特定保健指導を受けてみませんか?

~しなさい、○○は食べてはいけません、と強制するものではありません!
今の生活習慣を振り返り、どのように変えていけるか、どのようなことならできるか、お一人お一人にあった健康づくりの方法をご一緒に考えさせてただきます。
特定保健指導対象の方には、ご所属の健康保険組合様または当院からご案内をお送りしますのでお申し込みください。
特定保健指導対象にならなかった方も、栄養・食事相談を承っておりますのでお気軽にお問合せください。

 

 

 
詳細はインフォメーション 03-3280-5877 までお問合せください。